不動産取引の価格査定に参考となる価格とは?

query_builder 2022/01/22

不動産取引の価格査定の参考となる評価をご存知でしょうか。


4つの評価について、ご説明します。



1.【公示価格】

国土交通省が公表し、一般の土地取引価格の指標とされています。


毎年1月1日現在の価格調査を行い、3月下旬頃に公表されます。


また、都道府県が公表する基準地価もあり、毎年7月1日現在の価格調査を行い、9月下旬ごろに公表されます。


下記サイトで確認できます。


https://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=2&TYP=0




2.【路線価】

国税庁が公表し、相続税、贈与税の課税価格とされています。


毎年各税務署が年初(1月1日頃)に評価替えを行います。


7月上旬に公表されます。


下記サイトで確認できます。


https://www.rosenka.nta.go.jp/




3.【固定資産税評価額】

市町村が公表し、固定資産税、登録免許税、不動産取得税などの課税標準とされています。


毎年1月1日の固定資産所有者に対し、固定資産税を賦課するための基準額です。


原則として3年毎に評価額を見直しています。


所有者が自ら自治体の窓口で「土地建物評価証明書」を取得する事ができます。




4.【実勢価格】

実勢価格とは、実際の取引時の土地相場金額の事です。


路線価や近隣の取引事例等を考慮し、売買価格を想定します。


下記のサイトで取引事例を確認できます。


https://www.land.mlit.go.jp/webland/


実勢価格ですが、実際の取引時に、売主・買主間で協議するため、公示価格等との差は生じてきます。


<公示価格を100%とした場合>


公示価格:100%(実勢価格の90%目安)


路線価:80%(実勢価格の70~80%・公示地価の80%目安)


固定資産税評価額:70%(実勢価格の60~70%・公示地価の70%目安)




不動産売却をお考えの方は、「幾らで売れるのか」が非常に気になるところのはず。


まずは不動産のプロに相談してみてはどうでしょうか。


栃木市・小山市・宇都宮市の不動産売却を検討されている方は、地元密着で豊富な実績を持つ関東ハウジングにご相談下さい。


お客様のスムーズな売却のお手伝いをさせていただきます。

----------------------------------------------------------------------

関東ハウジング株式会社
栃木県栃木市境町19-17
電話番号:0282-20-5815


----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG