土地の売却理由

query_builder 2022/05/19
pixta_47980847_XL

多くの方にとって不動産は大切な資産で、「売却する」ということはなかなか選択肢として挙がらないことと思います。

しかしながら、居住していない不動産や、相続したものの管理ができないといった不動産をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。


今回は、国土交通省がまとめた「土地保有移動調査結果(平成29年取引分)」のデータをご紹介します。




【個人売主の売却理由(全国)】

1位 生活費に充てる(22.9%)

2位 買主などの希望(21.4%)

3位 建設資金購入資金(10.1%)

4位 借入金返済(7.5%)

5位 相続税の支払(3.1%)

※「その他・不明」は除きます




【個人売主の年齢階層(全国)】

1位 60〜69歳(29.3%)

2位 70〜79歳(28.3%)

3位 80〜89歳(16.3%)

4位 50〜59歳(12.4%)

5位 40〜49歳(5.9%)




【個人売主の取得原因(全国)】

1位 相続(56.1%)

2位 購入(34.0%)




個人売主の売却理由で最も多かったのが「生活費に充てる」

個人売主の年齢層を見てみると、60〜89歳の高齢者が73.9%を占めています。

売却した土地のそもそもの取得方法は「相続」が56.1%となっています。


これらのデータから推測すると、相続した土地を高齢者の方が老後資金のために売却するケースが多いと考えられます。

または、生前の内に不動産の整理を行ったとも考えられます。


不動産売却に至る経緯はそれぞれあるかと思われますが、「負動産」にしないために早めに売却するのも選択肢のひとつです。


栃木市・小山市・宇都宮市の不動産売却のご相談は、関東ハウジングにご連絡ください。


お客さまの状況をしっかりお聞きして、大切な不動産の売却をサポートします。

----------------------------------------------------------------------

関東ハウジング株式会社
栃木県栃木市境町19-17
電話番号:0282-20-5815


----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG